協会概要

名称
社会福祉法人 横浜市福祉サービス協会
本部所在地
〒220-0021 横浜市西区桜木町6丁目31番地 6階
TEL
045-227-1700
FAX
045-227-1701
設立年月日
平成9年 1月14日
代表者
坂本 連(理事長)

協会の理念

できるコト、まだまだ。

横浜市福祉サービス協会は、高齢者の介護問題に関心をもつ6人の主婦による「考えているだけでなく、行動を」という想いに突き動かされたボランティアとして出発しました。いま私たちの合い言葉は「できるコト、まだまだ。」常に利用者の目線に立って、現在と未来を見すえた介護のあり方にチャレンジを続けてまいります。
お客様の満足
  • 「お客様から必要とされる」ことが協会の存在理由です。お客様のご満足を第一に 「お客様の生活、お客様が必要とされること、お客様の気持ち・願いにそって、高品質のサービスを提供する」ことを徹底して追求します。
  • 日常活動において、お客様への迅速な対応、約束の遵守、適切な電話応対・挨拶等ビジネスマナーの基本を確実に実践します。
人を大切にし共に育ちあう企業風土
  • 協会を支えるのは、職員一人ひとりの「人」そのものです。
    職員が、互いに高めあい支えあいながら、より高いスキル、よりしっかりした人権感覚、いつも変わらぬ暖かい思いやりの心を目指す企業 風土をつくります。
  • 職員が誇りと生きがいを感じることができる企業を目指します。
公正で透明感のある企業倫理
  • 公正、責任、透明性を重んじ、社会から信頼される企業行動に努めます。
  • 社会とのコミュニケーションが私たちを鍛え、育ててくれるとの認識に立ち、お客様からのご意見・ご要望・苦情等への対応を明確にし、情報開示、説明責任を重視します。

健康経営宣言

横浜市福祉サービス協会は、「人を大切にし共に育ちあう風土」を理念のひとつとして掲げ、協会を支える職員一人ひとりを大切に、職員が誇りと生きがいを感じることができる協会を目指しています。
そして、「誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせること」を目指して、福祉サービスを提供していくために、職員の心身の健康を最優先に考え、健康の保持・増進に向けた取組を積極的に推進していきます。
職員が心身ともに健康で、個性や能力を最大限に発揮することで、最高の福祉サービスを提供し、お客様の笑顔で心豊かな生活に今後とも貢献し続けていきます。

平成30年9月25日策定