ケアプランの作成介護保険の居宅サービス計画の作成

介護保険の各種サービスを利用するためには、「ケアプラン(居宅サービス計画)」を作成することが必要です。ケアプランとは、ご希望を伺い、目的にそって、必要なサービスを適切に利用できるよう、あらかじめ、どんなサービスを利用するか、サービスを提供する事業者や利用の日時などを定めるサービスの計画です。ケアマネジャー(介護支援専門員)がご本人やご家族のご希望をお聞きして、お一人おひとりに合わせてケアプランを作成します。

注目 申請からサービス開始まで

1. 介護保険の申請
介護が必要になったら、まずは要介護認定を受けることが必要になります。
要介護認定を受けるためには、区役所への申請手続きが必要です。
ケアマネジャーは必要に応じ、この申請の代行もします。
2. ケアプランの作成
要介護認定が決定したらケアプランを作成します。
ケアマネジャーはケアプラン作りのお手伝いをします。
3. サービス開始
ケアプランに基づいて、サービスが開始されます。

費用について

ケアプラン作成にかかる費用は、介護保険制度から支給されますので、お客様のご負担はありません。

ケアマネジャーは、ケアプランの作成だけではなく、介護を取り巻く悩みや相談に応じます。
様々な情報と経験を持つケアマネジャーは介護の頼れる専門家です。
まずは協会のケアマネジャーに相談してください!!